SOFTBANKairの魅力は簡単ルーター設定だけ?メリットと注意点をチェック


気軽にWi-Fi環境を導入できるという利便性から大きな注目を浴びているのが「SOFTBANKair」です。

ルーターに関する設定をユーザーが行う必要は基本的にありません。申し込み完了後に送られてくるルーター本体をコンセントとつなぐだけで、すぐにインターネットを利用することが可能です。

この「簡単に設定ができる」という点は、SOFTBANKairが持つ多様 なメリットの中でも最大のものでしょう。

SOFTBANKairのメリットは導入コストがほぼ不要

インターネットサービスを提供している多くのプロバイダでは、新規で契約をする際、回線設置の工事費用などを請求しています。

特に、光回線の場合は、専用回線を屋内へつなぐ工事が絶対に必要です。料金は20,000円から25,000円前後となります。

そして、工事が完了した後に、専用のルーターを設置することが求められます。そのため、申込と契約が完了した後でも、工事が完了するまでインターネットを利用することはできません。

春先など申し込みが多くなる時期には1週間から10日ほど待つことも少なくありません。一方、SOFTBANKairでは、契約が完了した後に行われる工事は一切ありません。

事務手数料として3,000円を支払う必要はあるものの、それ以外の支払いは不要です。つまり、導入コストを支払う必要はほぼないというメリットがあります。

ルーターが届いたその日からすぐに利用できるというのは大きな魅力と言えるでしょう。

キャッシュバックなどお得なサービスがある

SOFTBANKairでは、期間限定のキャンペーンとして、新規申込者に限り35,000円のキャッシュバックを実施しています。

月額使用料金は4,880円ですから、実質7か月は無料で利用できるということになります。これは非常にお得ということができるでしょう。

また、契約者が25歳以下の場合には、契約スタート月から丸3年間月額使用料金に特別割引が適用されて2,880円になります。

加えて、25歳以下であれば、新規契約時の手数料3,000円も無料です。これはかなりお得なキャンペーンです。

契約者が25歳を超えている場合には、「SOFTBANKairスタート割」が適用されます。

これは、新規契約時から12か月間、毎月の利用料金が1,080円割引になるというものです。また、ソフトバンクのスマホユーザーであれば、「おうち割 光セット」が適用されて、月々の携帯料金がお得になります。

SOFTBANKairを継続している場合に限り、最大で2年間毎月の利用料金から1,000円が割引されます。このように、お得なサービスが数多く用意されているのはSOFTBANKairを選ぶメリットと言えるでしょう。

SOFTBANKairの実速度は時間帯によってかなり遅くなる

SOFTBANKairでは、通信速度が下り最大962Mbpsとなっています。とはいえ、この数値は理論値であり、実速度でこれほどの数値を安定して計測することはありません。これは申し込みをする前に覚えておくべき注意点です。

SOFTBANKairでは、スマホと同じ4GLTE回線を介してインターネットサービスを提供しています。そのため、スマホユーザーがネットを使用する時間帯になると、通信速度が大きく低下することがあるのです。

例えば、通勤・通学の時間帯や、昼食の時間帯などは速度の低下が著しいとされています。ですから、これらの時間帯に動画サイトを閲覧したり、大勢の人が接続するネットゲームなどを快適な速度で楽しんだりすることは難しいという点を覚えておきましょう。

ルーターを持ち運びすることはできない

ルーターをコンセントに接続するだけで利用できるのであれば、外出先にも持っていきたいと考える人は少なくありません。

とはいえ、SOFTBANKairの利用場所は「契約書に記載された住所のみ」という条件が付いています。

ですから、出張先や旅先などにルーターを持って行って利用すると、規約違反となってサービス停止となってしまうということを覚えておきましょう。

ソフトバンクは常にインターネットの使用状況を確認しており、契約していない住所からルーターを介してサービスの利用が確認された場合には、すぐに警告のメールが届くようになっています。これは覚えておくべき2つ目の注意点です。

2年契約で違約金の設定がある

SOFTBANKairは2年ごとの契約となっており、契約更新月以外のタイミングで解約をしようとすると、9,500円の違約金が発生してしまいうので注意しましょう。

スマホの場合は1,000円であることを考えると、かなり高額と言えます。また、ルーターをレンタルではなく購入した場合は、3年間かけて支払いを行います。

そのため、新規契約から2年で契約を解除すると、最後の月にルーターの1年分の残債をまとめて請求されてしまうので気を付けましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました