光コラボ】乗り換えを検討するならこれをチェック


NTTのフレッツ光に加入している人や、光コラボ事業者が提供する光インターネットサービスを利用している人の中には、「少しでも月額利用料を節約したい」と考えることもあるでしょう。現在光回線を契約していて事業者の乗り換えを希望している人は、乗り換えのポイントを押さえておきましょう。

安易に光コラボ事業者の乗り換えをした場合、乗り換えの際に大きな出費を伴う場合も考えられます。このほかには目先の安さだけが目立ち、ランニングコスト的には出費が増えているということも。こういったマイナス面で失敗しないためにも、ぜひ参考になさってください。

光回線を乗り換えるメリットとデメリット

光回線を乗り換えることで得られるメリットは、インターネットにかかる料金が安くなる可能性が第一に挙げられます。

基本料金に関してはNTTに支払うべき費用として光コラボ事業者が回収しますので、お得感そのものは少ないかもしれませんが、コラボ事業者が提供する光回線以外の部分で料金面の恩恵が受けられる可能性があります。

また、コラボ事業者を乗り換えることで通信品質を向上できる可能性も存在します。コラボ事業者が使用する通信機器の規模によっては速度規制が多い場合もあるためです。

レスポンスが遅い、時間帯によってはネットがつながりにくくなるという不都合があれば、光回線の乗り換えを検討するチャンスになるでしょう。

デメリットとしては、光コラボの乗り換えによってネットがつながりにくくなってしまう可能性があります。また、工事費の残債について一括支払いの義務が発生や、中途解約手数料といったいわゆる違約金を支払うことも出てきます。

思わぬところで大きな出費が出てしまうことが予想されるので、現在の光回線を解約する前に、費用の発生があるかといった点を調べておきましょう。

また、光回線がエリア外の地域も存在します。ケーブルテレビ事業者などが代表例ですが、光コラボ事業者によっては、光コラボを網羅していない地域もあり、いくらその事業者がお得だとしても乗り換え先として契約できない場合があります。

こういった提供エリアに関してもチェックしていきましょう。

光回線の乗り換えのタイミングは?

光回線はむやみに乗り換えをすると、違約金や工事費用、手数料などの大きな費用負担がのしかかってくる可能性があります。

乗り換えのタイミングをきちんと計ることで、お得にかつスムーズに乗り換えが叶います。
はじめのポイントは「契約更新月」です。

いわゆる「二年縛り」などの契約期間の最終月に解約できるように検討することが一番スマートな乗り換え方法です。

また、乗り換え先の光コラボ事業者が「違約金負担キャンペーン」を展開している場合、契約者に代わって光コラボ事業者が支払うべき違約金を負担してもらえます。

こういったキャンペーンを利用することで、大きな支出を抑えることが可能です。

ただし、光回線の敷設工事費用に関する負担金に関しては、光コラボ事業者を変更しても支払いが続きます。これまで負担してきた敷設工事費用の支払いに関する確認をすることをおすすめします。

光コラボ事業者の乗り換え方法

光コラボ事業者の乗り換え方法について、どのようなプロセスを経たらよいのかわからないということもあるようです。

簡単なプロセスについて紹介します。フレッツ光から光コラボ事業者へ乗り換えをする場合には「転用承諾番号」を準備しておきましょう。

1.乗り換え先の光コラボ事業者を決定する
2.フレッツ光からの乗り換えの場合は、「転用承諾番号」を取得する
2.代理店や公式webサイトなどを経由して乗り換え先へ申し込む
3.工事日の決定
4.現・光事業者へ解約の申し入れをする
5.工事後光回線の開通

フレッツ光から光コラボ事業者への乗り換えの場合は、不要なプロセスもあります。また、乗り換え先へ申し込みをする場合は、必ず乗り換えであることを伝えて必要な手続きを行いましょう。

代理店独自の特典もチェック

乗り換えを促す代理店も数多く存在します。光コラボ事業者独自のキャンペーンも魅力的ですが、代理店が提示するキャンペーン特典などもチェックすると、さらにお得に乗り換えが叶います。

家電や現金などがもらえるキャンペーンを展開していることもあれば、契約者が支払うべき違約金や工事費用の残債の負担をしてくれるというようなキャンペーンを提示することもあります。

乗り換えを検討する側にとっては魅力的なキャンペーンを提示していることが多いのですが、代理店がおすすめする光コラボ事業者のスペックなどをチェックしてから検討することをおすすめします。

光コラボへ乗り換えのタイミングをチェックしよう

光回線の事業者を乗り換えたいときに確認してほしいポイントを紹介しました。乗り換えの簡単な方法なども紹介しましたので、プロセスに沿って乗り換え手続きをしていくとよいでしょう。

キャンペーンなどのタイミングをチェックするとともに、乗り換えを検討した際には契約状況の確認を必ず行い、解約のタイミングを計ることも大切です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました