どのブランドが一番メリットある?光コラボを比較しました


光コラボとは、NTTが提供する光回線に相乗りしてインターネット通信を提供するプロバイダーを指しています。光回線は最新のインターネットプロトコールバージョンに対応する事業者であれば、通信速度や安定性が保たれています。だからこそ、光コラボ事業者が提供する光回線を選ぶ際には、比較検討が必要になるのです。

光コラボの自動契約更新やキャンペーンをチェック

光コラボの魅力は何といっても利用料の割引や特典ではないでしょうか。キャンペーン時のメリットが大きければ、契約の決め手になるという声も寄せられています。

ただし、消費者(契約者)にとってメリットが大きい特典が得られる場合は、2年間継続して契約することというような条件が提示されていることも。

また自動契約更新がついていると、中途解約を検討した際に「違約金」を支払う可能性が出てくることも考えられます。安易に契約する前に、契約の条件等も確認しましょう。

光コラボ事業者は定期的に見直して乗り換えをすると、通信費の節約につながることがあります。魅力あるキャンペーンなどがあれば、光コラボ事業者の乗り換えを検討することも一案です。

ただし、契約条件の中に「中途解約時には違約金が発生する」ということもあります。乗り換え先の光コラボ事業者が、発生した違約金を実質負担してくれるキャンペーンがあると便利です。

大きな負担がなく光コラボ事業者を乗り換えできるのはうれしいですね。
NTTのフレッツ光に加入した際、光回線を自宅に引き込むための工事費が発生します。毎月の利用料とともに割賦で支払っている家庭もあるようです。

光コラボ事業者を乗り換えした場合、その工事費の残債も負担しなければいけません。光コラボ事業者に情報が引き継がれ割賦で残債を払うケースや、光コラボ事業者へ乗り換え契約をした時点で残債を一括支払いしなければいけないケースがあります。

もし、光回線の工事費を割賦で支払い中であれば、その取扱いに関しても確認しましょう。光コラボ事業者の中には、工事費の残債を引き受けてくれる特典を提供していることもあるようです。

携帯・スマホキャリアが提供する光コラボはどう?

光コラボ事業者を検討するうえで、手始めに比較検討の候補に挙がるのが携帯やスマホキャリアが提供する光コラボではないでしょうか。

自分が契約しているスマホキャリアとリンクさせることで、スマホの利用料が割引になるといった「セット価格」が適用されることがあります。

光回線の利用料は値引きされることが少ないのですが、いつも使っているスマホがお得になるという契約内容になれば、事実上お得になることでしょう。

Softbank、au、docomoなど、それぞれに光コラボ事業者として光回線に参入しています。利用料金が安くなるといったお得なサービスがあれば、MNPを利用してスマホも一緒に乗り換えしてみることも一案です。

光コラボ事業者は大手がいいの?

光コラボ事業者は、先述のような携帯事業者からインターネットプロバイダー、レンタルビデオのお店などさまざまな企業が参入しています。

ネームバリューが高い企業だけではなく、地域密着型の中小企業などもコラボ事業者として参入しています。地域密着型といえばケーブルテレビ局などがよい例となるでしょう。

数多くの光コラボ事業者がある中「大手企業」に目が向いてしまいがちですが、生活に密着しており「長く付き合いができる事業者」であれば、企業の規模は関係ありません。

ただし、注意してほしいのが、光コラボ事業者が提供するインターネットサービスのプロトコル(通信規約)のバージョンをチェックすることです。

最新のものは「IPv6」と呼ばれるもので、これに対応したインターネット環境を事業者が提供できれば、NTTのフレッツ光と同等の通信環境が保たれます。

IPv6に対応していない光コラボ事業者との契約の場合、フレッツ光の通信環境より劣ってしまう可能性があります。

レスポンスが早いインターネット環境を望んで光回線を検討する場合は、こういったところもチェックしましょう。

Wi-Fiを導入するなら?

IoT(モノのインターネット化)が進み、このところではオーブンレンジや冷蔵庫、エアコンなどインターネットを介して操作できるようになりました。

そのため、家にWi-Fiを取り入れたいという人も増えています。光回線というと「有線」がメインとなり、つなげられるのはパソコン1台のみというような概念が一般的でしたが、最近ではWi-Fiの無線ルーターをレンタルすることによって、光回線でもWi-Fiが使えるようになりました。

費用も安いうえ、家じゅうインターネットにつなぎ放題が可能ですので、こういったサービスを提供している光コラボ事業者との契約もよいでしょう。

高速通信が叶う光回線だからこそ、動画やアプリのダウンロードを日常的に行う人はWi-Fiの導入ができる事業者選びは必須です。

ライフスタイルから光コラボ事業者を比較して選ぼう!

光コラボ事業者選びのための比較検討のポイントをピックアップしてお伝えしました。いろいろなポイントをチェックしていくことでおのずとライフスタイルに合った光コラボ事業者が見つかることでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました